Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

北朝鮮のミサイル発射は安保理決議違反=韓国政府

2012.12.12 12:06

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は12日、北朝鮮の事実上の長距離ミサイル発射について、「国連安全保障理事会の決議1874と1718の明白な違反で、朝鮮半島と世界平和に対する挑発と脅威」と非難した。

 外交通商部の金星煥(キム・ソンファン)長官が青瓦台(大統領府)で政府声明として発表した。政府はこの日午前9時51分20秒にミサイル発射を探知したという。

 金長官は「国際社会の警告と撤回要求を無視し、北朝鮮がこうした挑発を強行したことに対し、韓国政府は国際社会とともに強く糾弾する」と強調した。その上、4月に国連安保理が議長声明を通じ警告した通りに、北朝鮮はこれに対する厳重な責任を担うことになると警告した。

csi@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください