Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

北朝鮮ミサイルは中朝関係への挑戦=中国専門家

2012.12.12 15:53

北朝鮮ミサイルは中朝関係への挑戦=中国専門家

【北京聯合ニュース】北朝鮮が12日午前、友邦国の中国をはじめとする国際社会の反対を押し切り、事実上の長距離弾道ミサイルを発射したことに対し、中国の専門家らは「予想通り」との反応を見せた。ただ、中国で先月に発足した習近平体制への「挑戦」ともなるため、中朝間で緊張が高まる可能性に注目している。

 対北朝鮮制裁への中国の対応をめぐっては意見が分かれる。中国がこれまで通り制裁に消極的な姿勢を取るとの見方がある一方、国際社会の動きに足並みをそろえるとの分析もある。

 中国人民大学・国際関係学院の時殷弘教授は12日、聯合ニュースの電話取材に対し、北朝鮮は自国のミサイルへの思い入れが強く、過去のミサイル発射や核実験のときと同様、中国を含めた国際社会の説得を受け入れない可能性が高かったと指摘した。

 今回の発射で、北朝鮮は大陸間弾道ミサイルの技術を確保できるかとの質問には、過去に数回発射に失敗しているため正確な判断は難しいとしながらも、「北朝鮮が度重なる実験を通じて長距離ミサイル技術を発展させることは明らかだ」と述べた。

 北朝鮮への制裁と関連しては「今年4月の発射を受けた国連安全保障理事会の議長声明は、次に発射すれば制裁を強化するとしているが、中国は新たな制裁決議には賛成しない」と断言した。

 一方、中国のある国策シンクタンクの研究員は、北朝鮮が中国の強い発射自制要請を無視した格好になったことから「ミサイル発射を機に中朝間の緊張が高まることも考えられる」と述べた。

 時教授と違い、北朝鮮への制裁についても、中国が国際社会の動きにある程度賛同する可能性が高いとの見方を示している。同研究員は「中国は過去と違い、北朝鮮のさらなるミサイル発射は安保理決議違反だとの姿勢を明確にしている。米国や韓国が北朝鮮へ新たな制裁を加えようとすれば、中国はある程度これを支持する姿勢を見せるだろう」と語った。ただ、中国は制裁の内容を踏まえた上で態度を決めるだろうとしている。

stomo@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください