Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

旭日旗の撤去求める 韓国系団体がNYでマラソン

2013.02.18 11:25

【ニューヨーク聯合ニュース】在米韓国系住民の団体が17日、旭日旗の撤去を求めるマラソン行事を米ニューヨークで開催した。

 主催団体は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で旭日旗がイメージされた美術作品が展示されるなど、世界のあちこちで日本の軍国主義の名残が消えていないと話している。

 この日は10人余りの韓国系住民が参加し、ニュージャージー州にある旧日本軍従軍慰安婦の慰霊碑前からスタート。マンハッタンの日本領事館や国連本部前を通り、48キロを走った。参加者のユニフォームには「すべてのオリンピック競技から戦犯旗の使用を禁止せよ」などと書かれていた。

 日本領事館前では日本政府に元慰安婦への公式謝罪と賠償を促す声明書を読み上げ、国連本部前では旭日旗撤去を叫んだ。

 インターネット上で外交活動を行う韓国の民間団体「VANK」も同行事を後援した。

 一方、MoMA側は問題の作品について、「過去の日本の帝国主義や軍国主義を美化する意図は無いというのが、作家の立場」と説明している。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください