Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国市民団体 日本語版独島映像などでPR強化へ

2013.04.01 20:23

【ソウル聯合ニュース】韓国の民間団体「VANK」は1日、英語のほかに日本語、中国語などでも独島のPR映像を制作すると明らかにした。

 VANKの朴起台(パク・ギテ)団長は「『独島はわれわれの領土』というような主張ではなく、日本の弱点を把握し対応する戦略の必要性を認識し、今後は旧日本軍の従軍慰安婦問題など帝国主義の侵略史と連携する方向にPR戦略を変えた」と説明。韓国向けと海外向けのコンテンツを韓国語や英語、日本語、中国語で制作し、配信する考えを示した。

 VANKは「独島問題=領土問題」という日本が作り出した枠組みを打破し、「独島問題=日本帝国主義の歴史」との認識を広めるため、5本の映像物を制作する。映像は韓国の青少年や大学生向けの教育用と、映像に字幕をつけた海外PR用があり、5日にも公開する予定。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください