Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国外交部 駐韓日本大使呼び厳重抗議へ

2013.04.25 08:47

【ソウル聯合ニュース】侵略の歴史を否定し、靖国神社参拝を正当化するような安倍晋三首相の発言と関連し、韓国外交部の金奎顕(キム・ギュヒョン)第1次官は25日午前、別所浩郎駐韓日本大使を庁舎に呼び、厳重に抗議するとともに韓国政府の立場を伝える方針だ。

 政府高官は「日本は過去の長期間、近隣諸国に被害を与えた歴史があり、この歴史は簡単に忘れられるものではない」と指摘。「それを変えようとするような過激な動向を示すのは民主陣営の責任ある国がすべきことではない」との認識を示した。

 安倍首相は24日の国会で、閣僚の靖国神社参拝について、「我が閣僚においては、どんな脅かしにも屈しない。その自由を確保しているのは当然のことだ」と述べ参拝を正当化するなど、過去の歴史を否定するような発言を続けている。

 韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は日本の極右化の動きと関連し、「正しい歴史認識が前提とならない限り、未来志向的に進むことは難しい」と批判した。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください