Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国女性国会議員らが訪日 「慰安婦妄言」に抗議

2013.05.27 16:00

 【ソウル聯合ニュース】韓国国会女性家族委員会所属の女性議員4人が、最近相次いでいる日本の政治家による旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる「妄言」に抗議するため日本を訪問した。 

 4人は与党セヌリ党の金姫廷(キム・ヒジョン)議員、柳知ヨン(リュ・ジヨン)議員、金賢淑(キム・ヒョンスク)議員、野党民主党の兪承希(ユ・スンヒ)議員。議員らは27日から3日間の日程で東京を訪れ、日本の議員や市民団体に抗議書簡などを伝達し、橋下徹大阪市長の「妄言」を批判するとともに、再発防止を求める計画だ。

 また、日本で面会する政治家らに対し、24日に兪議員が韓国国会に提出した「日本の政治家らの旧日本軍の従軍慰安婦妄言に対する糾弾および公式謝罪要求決議案」を手渡す予定。

 決議案にはアジア・太平洋諸国の慰安婦被害者に対する日本政府の公式謝罪と賠償を求める内容とともに、安倍晋三首相と日本維新の会共同代表、橋下市長に対する直接謝罪要求も含まれている。

 日本での日程終了後すぐにフィリピンに移動し、現地の元慰安婦と面会。31日までフィリピン国会議員らと共に「慰安婦妄言」に対する共同対応策を話し合う。

 兪議員は26日、聯合ニュースの取材に対し「『慰安婦妄言』は日本政府が韓国への植民地支配に対する根本的な反省がないため繰り返されてきた」と述べ、日本政府に謝罪と法的賠償を強く求めた。

sjp@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください