Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

開城団地入居の韓国企業 きょうから物資搬出

2013.07.12 08:44

【ソウル聯合ニュース】南北経済協力事業の開城工業団地に入居する韓国企業が、12日から工業団地に入り完成品と原材料・副資材を持ち出す。

 業種別に日程が分けられており、電機・電子、機械金属、化学は12~13日、繊維と履物、その他は15~16日、産業団地の管理や入居企業支援を行う韓国産業団地工団などは17~18日に訪朝予定だ。人員は各社3人まで。

 入居企業は当日午前7時40分に京畿道・坡州にある都羅山南北出入事務所(CIQ)に集まる。午前9時から午後5時まで工業団地内で物資を車両に積み、韓国に戻る計画だ。

 各社は10~11日に工業団地内の設備を点検しながら、搬出する物資の種類と数量を決定した。工業団地への立ち入り禁止で納品されないままになっていた完成品と、湿気が多い団地内に置かれたまま傷みやすくなっている原材料・副資材を持ち出すとみられる。ただ、時間と人員が限られており、多くの物資を運搬できず悩んでいるようだ。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください