Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

統制権移管延期 「米は前向きに検討」=韓国長官

2013.07.18 18:45

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官は18日、政府と与党ハンナラ党が国会で開いた協議で、韓米連合軍司令官(在韓米軍司令官兼務)から韓国軍への有事作戦統制権移管の期日を当初の2015年末から延期するよう米国に提案したことについて、「米国が前向きに検討するのではないか」と述べた。同協議に出席したセヌリ党関係者が伝えた。

 米国防総省の高官は16日(現地時間)に聯合ニュースの取材に対し「韓国政府が有事作戦統制権移管の再延期を提案した。両国政府はこの問題について協議している」と明らかにした。

 これについて、金長官は「米内部で議論が進められている。議論中の内容が報じられたようだ」と説明した。

 金長官は先月1日、第12回アジア安全保障会議(シャングリラ会合)に出席するため訪問したシンガポールで行われたヘーゲル米国防長官との会談で、統制権移管の延期を検討することを提案した。提案の理由としては▼韓国海軍哨戒艦「天安」沈没事件後の北朝鮮核問題悪化▼依然として続く北朝鮮の威嚇▼情報能力をはじめとする韓国軍の対応戦力確保の遅延――が挙げられている。

 hjc@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください