Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

金第1書記の妹・汝貞氏 「国防委課長」として活動中

2013.07.21 14:05

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の妹・汝貞(ヨジョン)氏が現在、最高統治機関として知られる国防委員会の「行事課長」として活動しているようだ。

 複数の北朝鮮消息筋は21日、「汝貞氏は昨年初めから国防委の行事課長として公職活動を始めたとされる。事実上正恩氏の秘書室長の役割をしているキム・チャンソン国防委書記室長の下で仕事をしている」と伝えた。

 一部では汝貞氏が朝鮮労働党の宣伝扇動部課長を務めているとの観測もあり、彼女が二つの仕事を兼職している可能性もある。北朝鮮では国防委の格が高まり、金第1書記の書記室で働く人や一部の特定幹部らが労働党と国防委の職責を兼任している。

 国防委行事課長は金第1書記が出席するいわゆる「1号行事」の準備などを担当するとされる。汝貞氏が金第1書記が出席した行事に姿を現したのも行事課長を務めているためと分析される。

 汝貞氏が公職活動を始めたことにより、今後金第1書記体制で彼女の役割は大きくなると予想される。

 故金正日(キム・ジョンイル)総書記の妹・慶喜(ギョンヒ)氏も金総書記が後継者に推戴された翌年の1975年に29歳という若さで労働党国際部課長として公職活動を始めた。その後、党軽工業部長、政策検閲部長、人民軍大将、政治局委員などを務め、夫の張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長と共に、金正日体制の最大の功労者として活躍した。

 20代の汝貞氏も伯母の慶喜氏のように異例の早さで昇格を続け、金正恩体制を支える中心人物の一人になると予想される。

 汝貞氏は金総書記と高英姫(コ・ヨンヒ)氏の間に生まれた一人娘で、金第1書記と共に1990年代後半から数年間、スイスに留学。平壌に戻ってからは外国人講師の個別授業を受けたとされる。

 一方、金第1書記の実兄の正哲(ジョンチョル)氏(31)には現在、何の職も与えられていないとされる。 

csi@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください