Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

朴大統領 ベトナム要人と会談=原発事業への参入希望

2013.07.23 19:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は23日、来韓中のベトナムのグエン・シン・フン国会議長と青瓦台(大統領府)で会談し、韓国がベトナムの原子力発電所開発事業に積極的に参入したいとの意思を示した。

 青瓦台の金杏(キム・ヘン)報道官によると、朴大統領は韓国が原発の技術開発のために多くの投資を行い、安全性を高めるための努力を行っていると紹介した上で、「両国が原発事業の良きパートナーになれるよう、支援をお願いしたい」と話した。

 これに対し、グエン・シン・フン国会議長は韓国原発技術の高さを評価。「ベトナムは原発開発のために法的、技術的な準備を進めている。韓国の原発協力に対する意思表明に感謝している」と応じた。

 また朴大統領は北朝鮮問題に言及。北朝鮮がベトナムのように変化し、国際社会の責任ある一員として経済発展を成し遂げることを望んでいると話した。

sarangni@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください