Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

オバマ米大統領 朝鮮戦争休戦60周年記念の宣言文

2013.07.26 08:47

【ワシントン聯合ニュース】朝鮮戦争休戦60周年記念日を控え、オバマ米大統領が25日(現地時間)、朝鮮戦争の意味をあらためて考え、参戦者をねぎらう内容の宣言文を発表した。

 オバマ大統領は「この日は戦争の終結を記念するだけでなく、新たな繁栄と平和の始まりをたたえる日だ。戦後60年で韓国は世界で最も大きな経済規模を誇る国の一員となり、米国の最も近しい同盟国になった」と述べた。

 韓米がともに太平洋地域の安定を支える基盤を建設できたのは、60年前に自由のために戦い今日までこれを守りつづけてきた勇士たちのおかげとし、遠く米国から戦いに加わり、不屈の勇気を示した勇士たちをたたえた。

 オバマ大統領は「偉大な里程標を記念し、朝鮮戦争参戦勇士らに特別な敬意をささげる。米国は永遠に、参戦勇士がわれわれのために尽くしたように彼らに尽くすことを誓う」と約束した。さらに「7月27日を朝鮮戦争参戦勇士の休戦記念日として宣布する。朝鮮戦争参戦勇士の名誉を高めるための記念式と行動でこの日を記念するよう、米国の全国民に促す」と述べた。

 2009年の大統領就任後、オバマ大統領は毎年、朝鮮戦争記念日の宣言文を発表してきた。米国は今年、休戦60周年を迎え、例年以上に多彩な行事で朝鮮戦争の意味を振り返っている。27日にはワシントン市内の朝鮮戦争参戦記念碑公園で米国防総省が記念式を主催し、オバマ大統領が現職大統領として初めて参列する。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください