Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

李大浩が帰国「ベスト尽くした」 米進出に意欲も

2013.10.15 16:22
李大浩が帰国

【釜山聯合ニュース】今季でオリックスとの2年契約が終了し、同球団と年俸交渉を行っている李大浩(イ・デホ)内野手が15日、金海国際空港から韓国に帰国した。

 李大浩は記者会見で「残念な点はあったが、ベストを尽くしたので後悔はない」と、日本2年目となるシーズンを振り返った。

 今季は打率3割3厘、24本塁打、91打点。パ・リーグで打率9位、本塁打6位、打点5位、長打率7位(0.493)、得点圏打率9位(0.323)だった。オリックス内では打率、本塁打、打点でいずれもトップに立ち、存在感を示した。

 会見では「オリックスに残留するのか、米大リーグに移籍するのか」と、去就に関する質問が浴びせられた。

 オリックスは李大浩残留のため2年総額7億円を提示したが、拒絶されている。2年前と比べ、実質的に引き上げられていないと李側が判断したためだ。李大浩は現在、2年8億円以上を要求し、球団側と交渉を行っている。

 李大浩は「わたしはオリックスの選手なので、先に(交渉の)機会を与えた。シーズンが終わったので、エージェントを選任し、あらゆる可能性を視野に入れて準備する」と述べ、オリックスに縛られず日本の他球団や大リーグへの移籍も念頭に置いていることを示唆した。

 大リーグ移籍に対しては「全ての野球選手にとって夢の舞台であり、いつも夢見ている。米国に行けば韓国のファンがたくさん応援してくれると思うし、うまくやれるという自信はある」と意欲を見せた。

 今後の予定については「今は休みたい。家族と楽しい時間を過ごしながら身の振り方を考えたい」と話した。

stomo@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください