Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

オバマ氏の広島訪問 「米側にわれわれの関心事伝達」=韓国

2016.05.12 16:40

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は12日の定例会見で、オバマ米大統領が広島を訪問する際に韓国人原爆犠慰霊碑を訪れるかどうかについて、「われわれの関心事を、協議を通じ米国側に伝えている」と明らかにした。

 趙報道官は「オバマ大統領の広島訪問はわれわれにとっても相当(重要な)関心事である」と説明。ただ、「オバマ大統領の具体的なスケジュールが確定していないため、(慰霊碑訪問について)具体的な言及をする立場ではない」と述べるにとどめた。

 韓国政府はオバマ大統領が広島平和記念公園を訪れる際、原爆慰霊碑から約200メートル離れている韓国人慰霊碑も訪問することが望ましいとの立場だ。

 韓国政府は米国側との協議で、広島の原爆犠牲者の約6分の1にあたる約2万人が韓国人であることを説明したとされる。趙報道官は「米国側は今回の訪問に関し、全ての犠牲者を追悼する機会にしたいと表明したのは、韓国人を含む全犠牲者を追悼するとの意味だと説明している」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください