Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国で初めてWBC開催の可能性 来年3月ドーム球場で

2016.05.17 17:57

【ソウル聯合ニュース】韓国初のドーム球場、高尺スカイドーム(ソウル市九老区高尺洞)で2017年3月に開かれる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1ラウンドが開催される可能性が出てきた。

 WBC組織委員会からの正式発表は出ていないが、WBC開催に名乗りを上げていた台湾が誘致の意向を正式に撤回したため、韓国で初めてWBCが開催されるとみられる。

 韓国野球委員会(KBO)は今年1月、WBC組織委に17年のWBC本戦第1ラウンドの試合を昨年末に完成した高尺スカイドームで行うとの申請書を提出した。

 韓国はWBC第1ラウンドの試合が開催される3月は気温が低く、これまでWBCを招致できなかった。

 第1ラウンドの試合は16カ国が4組に分かれ実施される。このうちアジアで2組の試合が行われる予定だ。野球の人気が高く、インフラが整っている日本が4回連続でWBCを招致することが確実になっている。

 台湾が誘致を撤回した背景について、台湾中央通信社(CNA)は「台湾は当初2017年のWBCを台北の新しいドーム球場で行うことを計画していたが、台北市と建設会社との対立でドーム球場の工事が中断し、招致活動に影響を与えた」と報じた。

 KBO関係者は「WBC組織委から正式な通知はまだない」として慎重な姿勢を見せた。

sjp@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください