Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

オバマ氏 広島で韓国人含むすべての犠牲者悼む=米国

2016.05.19 08:51

【ワシントン聯合ニュース】米国家安全保障会議(NSC)のクリテンブリンク・アジア上級部長が18日(米東部時間)、ワシントンでの記者会見で、オバマ米大統領の広島訪問に関連し、韓国人被爆者を含むすべての犠牲者を悼むとの姿勢をあらためて示した。

 オバマ氏が平和記念公園にある「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」を訪れる可能性を問われたクリテンブリンク氏は、オバマ氏の広島滞在中のスケジュールについて具体的な言及は避けながらも、「オバマ大統領は第2次世界大戦期間に、そして米軍の原爆投下で犠牲になったすべての罪のない人々を悼もうと広島を訪問する」と強調した。また、「歴史的な記録をみると、原爆の投下で数多くの日本人に加え、韓国人も犠牲になった」とした。

 会見に同席した国務省のラッセル次官補(東アジア・太平洋担当)も、オバマ氏の広島訪問は犠牲者を悼むためだとし、「数多くの日本人、また多くの韓国人とアジア人、米国の戦争捕虜らが犠牲になった事実を記憶することが重要だ」と述べた。

 オバマ氏は26、27日に三重県志摩市で開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席した後、安倍晋三首相と共に広島を訪問する。日本と韓国に暮らす韓国人被爆者と関連団体は、オバマ氏が韓国人原爆犠牲者慰霊碑を訪れるよう求めている。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください