Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

脱北青少年ら釜山の野球チーム 福岡で親善交流へ

2016.09.09 12:45

【釜山聯合ニュース】北朝鮮を脱出した青少年を中心とする韓国・釜山の野球チームが、福岡を訪れ交流を深める。

 韓国南部の釜山市と韓国国際交流財団は10日から12日まで、釜山の野球チーム「レインボー野球団」の脱北青少年ら29人からなる「釜山青少年野球団」を福岡市に派遣する。

 レインボー野球団は脱北青少年、国際結婚や移民者の家庭の子どもが所属するチーム。今回の福岡訪問は、特殊な環境に置かれたレインボー野球団の青少年が福岡の青少年と野球で交流しながら夢と希望を持てるようにするために企画された。

 釜山青少年野球団は10日に福岡のヤフオクドームを見学し、プロ野球の試合を観戦する予定だ。11日午前に日本リトルシニア(中学生)と親善試合を行う。12日に福岡市役所を訪問した後、帰国する。九州国立博物館と太宰府天満宮も訪れ日本文化に触れる。

レインボー野球団の理事長はプロ野球・ロッテジャイアンツコーチだった朴正泰氏(左)が務めている(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください