Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

北朝鮮「ICBM発射は自衛的措置」 米新政権発足前に威嚇

2017.01.20 15:15

【ソウル聯合ニュース】日本時間21日未明に行われるトランプ次期米大統領の就任式を目前に控え、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は20日付の論評で、「米国の核戦争の脅威に対抗して大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射を進めるのは正々堂々とした自衛的措置」と主張した。また、「最高首脳部が決心した任意の時刻に任意の場所から発射されるだろう」と威嚇した。

 韓国軍当局は北朝鮮がトランプ新政権発足に合わせICBMによる挑発に踏み切る可能性があるとみて、北朝鮮に対する監視を強化している。

ikasumi@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください