Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国音楽家の中国公演も延期・中止 THAAD「報復」か

2017.01.23 15:42

【北京聯合ニュース】韓国のクラシックアーティストの中国公演が相次いで延期・中止になっており、韓国政府は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」配備決定に対する中国の報復措置の可能性を注視している。

中国は「限韓令」を通じて圧迫を強めている=(聯合ニュースTV)

 中国当局は韓流スターのテレビ出演禁止や中国に進出している韓国ロッテグループの系列会社に対する税務調査、韓国製バッテリーを搭載した電気自動車(EV)に対する補助金支給の制限、韓国行きのチャーター機の運航不許可など、「限韓令」を通じて圧迫を強めており、措置が芸術分野まで拡大する懸念があるとの見方が出ている。

 韓国を代表するソプラノ歌手のスミ・ジョーさんは2月19日から広州、北京、上海でツアーを行うためビザを申請したが、明確な理由は不明のままビザの発給が遅れている。ピアニストの白建宇(クンウー・パイク)さんも3月18日に予定されていた中国・貴陽のオーケストラとの共演がキャンセルとなった。

 中国が報復とみられる措置を続けていることを受け、韓国の金章洙(キム・ジャンス)駐中大使らは中国外務省の関係者と面会し、問題を提起している。金氏は24日、中国の王毅外相が主催する新年会に出席するほか、外務次官と個別に会談するなど、両国関係について緊密に議論する方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください