Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

李大浩が古巣の韓国ロッテへ 4年契約

2017.01.24 10:31

【ソウル聯合ニュース】米大リーグのシアトル・マリナーズからフリーエージェント(FA)となっていた李大浩(イ・デホ)内野手が、古巣の韓国プロ野球・ロッテジャイアンツに復帰する。

李大浩=(AP=聯合ニュース)

 ロッテは24日、李と4年総額150億ウォン(約14億6000万円)のFA契約を結んだと発表した。

 李は「大リーグの夢に向け努力し、夢がかなった。ロッテジャイアンツに戻りチームメートや後輩たちと一緒に優勝することが最後の願いで、ぜひともかなえたい」と語った。これまで応援し続けたファンと、李を評価した球団に感謝の言葉も述べた。

 李は2001年にロッテ入団、11年まで通算1150試合に出場し、打率3割9厘、225本塁打、809打点を記録した。韓国プロ野球史上初の打撃7冠王に輝き、9試合連続本塁打の記録も持つ。

 12年から日本で活躍、昨年は大リーグに挑戦した。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください