Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国外相 G20会議出席へ=訪米も推進

2017.01.24 18:02

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は24日の定例会見で、同部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官が来月中旬にドイツで開かれる20カ国・地域(G20)外相会議とミュンヘン安全保障会議に出席すると発表した。

尹長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 G20外相会議は来月16~17日にボンで、ミュンヘン安全保障会議は17~19日にミュンヘンでそれぞれ開催される。尹長官は会議に合わせ、主要国の外相との会談や中堅国機構(MIKTA)外相会議なども行う予定だ。MIKTAは韓国、メキシコ、インドネシア、トルコ、オーストラリアの5カ国で構成されている。

 米国務長官に指名されたティラーソン氏も出席する可能性があり、尹長官との初の会談が開催されるかに注目が集まりそうだ。

 外交部は尹長官がドイツ訪問前に米ワシントンを訪れ、ティラーソン氏と会談する方向で調整を行っているが、同氏の承認手続きが遅れており、実現するかどうかは不透明な状況だ。

 一方、尹長官はドイツで岸田文雄外相や中国の王毅外相と個別会談を行う可能性もある。日本とは旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像問題をめぐり、中国とは米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」配備問題で対立しており、会談が実現すれば関係改善のきっかけになるかに注目が集まりそうだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください