Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

朴大統領が代理人団と2回目面談 憲法裁審理への対応協議

2017.01.24 18:16

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案をめぐる憲法裁判所の審理で、朴大統領を弁護している代理人団は24日午前、青瓦台(大統領府)で朴大統領と面談し、弾劾審判の進行状況や今後の対策などについてしたと明らかにした。代理人団の李中煥(イ・ジュンファン)弁護士が明らかにした。

朴大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 李氏は「弾劾事件の主な争点や憲法裁が大統領に対してもう少し確認したい内容、訴追委員団が追加で提出した『権力的事実行為』に対する説明、現在までの証人の証言内容、崔順実(チェ・スンシル)被告に関連する人物の関係について話し合った」と説明した。

 これまで行われた8回の弾劾審判の弁論の主な内容を整理して報告し、前日に憲法裁が大統領側に事実関係の説明を要求した文化支援財団「ミル財団」とスポーツ支援財団「Kスポーツ財団」の設立に関与した政府機関について確認したとみられる。

 また国会が前日、朴大統領の弾劾理由を憲法上の原理である「権力的事実行為」として再構成して提出した書面に対する対応策についても議論したとみられる。権力的事実行為とは行政が優越的な地位を利用し、義務のないことを一方的に強要する行為を意味する。

 朴大統領と代理人団の公式面談は先月29日以来、2回目。初めての面談では憲法裁が要求した2014年4月の旅客船セウォル号沈没事故当日の朴大統領の行動の説明などについて協議した。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください