Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

民団代表団が韓国外相ときょう面会 少女像への言及は?

2017.02.06 10:11

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は6日、尹炳世(ユン・ビョンセ)同部長官が同日午後にソウルで在日本大韓民国民団(民団)の代表団と面会すると伝えた。

外交部の尹炳世長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 外交部によると、面会は民団側が要請したもので、民団中央本部の呉公太(オ・ゴンテ)団長らが出席する予定。主に民団が韓日関係に関する意見を伝える場になる見通しだという。

 特に、韓国の市民団体が南東部・釜山の日本総領事館前に設置した旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の問題など、韓日関係における敏感な懸案について積極的に意見を述べるかどうかが注目される。民団はこれまで、2015年末の慰安婦問題をめぐる韓日合意を踏まえ、この像の撤去を主張してきた。

釜山の日本総領事館前の少女像=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください