Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

マレーシアが駐北朝鮮大使召還 正男氏殺害事件めぐり対立

2017.02.20 16:21

【クアラルンプール、ソウル聯合ニュース】マレーシア外務省は20日、声明を出し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件に絡み、駐北朝鮮大使を召還したと発表した。召還の理由については「協議のため」と説明した。AP通信などが報じた。

マレーシア外務省に向かうカン・チョル駐マレーシア北朝鮮大使の車両=20日、クアラルンプール(聯合ニュース)

 また同省は同日午前にカン・チョル駐マレーシア北朝鮮大使を呼び、カン氏が同事件に関連しマレーシア政府を非難したことついて説明を求めたことも明らかにした。

 両国は正男氏の遺体の扱いなどをめぐり対立を深めている。

 カン氏は17日深夜にクアラルンプールで行った会見で、マレーシア側が正男氏の遺体の引き渡しを拒否し、北朝鮮側の許可や立ち会いがないまま司法解剖を強行したと非難した。

 さらに、「マレーシア側が何かを隠してわれわれをだまそうとしている。われわれに害を与えようとしている敵対勢力と結託した」と主張。マレーシア側に強い不満を示した。

17日深夜の会見でマレーシアを非難したカン大使=(聯合ニュース)

 マレーシア外務省は声明で、「マレーシアの法律に基づき捜査は透明に行われてきた」と強調。北朝鮮大使館に政府の対応状況や手続きなどについて知らせたとした上で、カン氏のマレーシア政府に対する非難は「根拠がない」と反論した。

 また、マレーシア政府の評判を傷つけようとする根拠のない試みを「深刻に受け止めている」と強く批判した。

hjc@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください