Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

外相の辞任求める 釜山市民団体が少女像問題で会見=韓国

2017.02.28 15:16

【釜山聯合ニュース】韓国・釜山の日本総領事館前に設置された旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像を守る活動などを行っている市民団体「少女像を守る釜山市民行動」は28日、日本総領事館前で記者会見を開き、少女像の移転を求める外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官に辞任するよう要求した。

少女像の前で会見を行う市民団体=28日、釜山(聯合ニュース)

 団体は「外交部が釜山市と東区庁などに事実上少女像の移転を要求し、少女像の管理条例(釜山市議会が推進する慰安婦被害者支援の条例)を妨害する公文書を送った」とし、「日本の心からの謝罪を受けることを望んでいる元慰安婦のハルモニ(おばあさん)や国民情緒とは乖離(かいり)した現実認識だ」と指摘した。

 また「たったの10億円で反省する様子のない日本に免罪符を与え、元慰安婦のハルモニと国民に無理やり許しと和解を要求する外交部はどこの国の政府なのか疑わしい」と批判した。

 団体は独立運動記念日の3月1日に少女像付近の「鄭撥将軍銅像」 前で大規模な集会を開き、日本政府の謝罪と尹長官の辞任を求める予定だ。

 集会は当初、警察が外国公館の業務妨害などの恐れがあるなどとして禁止としたが、団体が釜山地裁に集会禁止通告処分の取り消しを求める仮処分申請を申し立て、地裁が開催を許可した。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください