Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

[韓国大統領罷免]失職でも国が警護 最長10年

2017.03.10 12:09

【ソウル聯合ニュース】朴槿恵(パク・クネ)氏は10日、韓国憲法裁判所の決定で大統領を罷免されたが、引き続き国から身辺警護を受ける。

朴前大統領=(聯合ニュースTV)

 大統領警護室と警察によると、関連法は「大統領が任期満了前に退任した場合」も警護室の警護対象と定めている。罷免により失職した場合でも元大統領として警護を受ける。

 ただ、大統領警護室による警護の期間は短い。任期を全うした元大統領と配偶者の場合、本人が拒否しない限り10年間警護室の警護を受け、本人の要請により最長5年の延長も可能だ。その後の警護は警察が担当し、自宅周辺の警備や巡回を行う。

 朴氏のように任期を全うできなかった場合は、警護室による基本の警護期間は5年、本人の要請で5年延長されたとしても最長10年だ。その後は警察の警護に移る。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください