Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

たばこ箱の警告写真 国民の36%「効果なし」=韓国

2017.06.13 13:56

【ソウル聯合ニュース】韓国で昨年12月から義務付けられている、たばこパッケージへの喫煙の健康被害を強調する写真やイメージの表示について、韓国人の約36%が大きな効果はないと考えていることが分かった。

コンビニエンスストアで販売されているたばこ(資料写真)=(聯合ニュース)

 オンラインリサーチのデータスプリングコリアが13日、消費者パネル調査の結果を発表した。5月31日から6月4日まで1万5673人を対象に調査したところ、警告写真・イメージ表示に対し「たばこを吸う人は(何をしたところで)吸うことになるのだから役に立たないと思う」と回答した人が35.6%で最も多かった。

 「喫煙者と初めて吸う人に警戒心を与える」が28.0%、「警告写真を見るたびに嫌悪感を感じる」が18.2%、「禁煙に確実な効果がある」が9.5%だった。

 企画財政部によると、たばこの販売量は昨年11月以降、減少していたが、今年3月と4月は連続で増加した。そのため、喫煙の危険性を警告する写真、イメージ表示の効果は一時的にすぎなかったとの見方も出ている。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください