Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

平昌五輪組織委 3大学と協約締結=競技運営スタッフ支援で

2017.07.26 16:22

【ソウル聯合ニュース】2018平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会は26日、慶雲大、啓明大、大邱科学大と大会の競技運営スタッフの協力に向けた業務協約を締結した。

平昌冬季五輪・パラリンピックのロゴ(五輪組織委員会提供)=(聯合ニュース)

 協約により、各大学は競技運営に必要な人員の推薦と募集、養成訓練の支援などで組織委に協力する。

 慶雲大はアルペンスキー、啓明大はクロスカントリーとアルペンスキー、大邱科学大はリュージュを中心に運営スタッフを支援する計画だ。

 李熙範(イ・ヒボム)大会組織委員長は「選手と競技中心の大会運営のために、優秀な運営スタッフの確保が最優先課題だ」とし、「大学の体育界とともにウインタースポーツをリードできるよう、持続的な協力をお願いしたい」と呼びかけた。

 組織委は昨年11月に慶熙大、明知大、カトリック関東大など、11校の大学とも業務協約を結んでいる。

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください