Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

平昌冬季五輪いよいよ ギリシャで24日に聖火採火

2017.10.20 12:40

【ソウル聯合ニュース】来年韓国で開かれる平昌冬季五輪を照らす聖火の採火式がギリシャのオリンピア遺跡で24日(現地時間)に行われる。

五輪聖火の採火(韓国文化体育観光部提供)=(聯合ニュース)

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長をはじめ、韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相や平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長らが出席する。

 聖火は第1走者である男子クロスカントリースキーのギリシャ代表、アポストロス・アンゲリス選手から、サッカーの元韓国代表主将でJリーグの京都や英プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した朴智星(パク・チソン)氏に渡される予定だ。

 ギリシャを回った聖火は11月1日に韓国の仁川国際空港に到着する。来年2月9日の開幕日まで7500人の走者が2018キロを走り聖火をつなぐ。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください