Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

文大統領「自治体を地方政府に」 地方分権に向けた改憲に意欲   

2017.10.26 14:51

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、南部の全羅南道・麗水で開かれた「地方自治の日」記念式であいさつに立ち「地方分権(に向けた)憲法改正を推進する」と述べ、国家機能を大胆に地方に移譲する考えを示した。

記念式であいさつする文在寅大統領=26日、麗水(聯合ニュース)

 文大統領は、強い「地方分権共和国」を国政目標として揺るぎなく推進していくとし、市・道の知事らが参加する「第2国務会議(閣議)」を制度化し、地方自治体を「地方政府」と改称することを憲法に明記すると説明。また、自治立法権、自治行政権、自治財政権、自治福祉権という四つの地方自治権を憲法に盛り込むとした。

 財政の地方分権化に向けては「国税と地方税の比率を7対3とし、将来的に6対4水準になるよう改善する」と述べた。

 文大統領は「首都圏が人とカネを吸い込むブラックホールになることを放置してはいけない」と首都圏への集中に懸念を示した上で、国の均衡発展に向け全国各地の「革新都市」を育成し、地方の産業の競争力を高めていく意向を表明した。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください