Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

北朝鮮 「米韓同盟の敵手にならない」=米国防長官

2017.10.28 13:52

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国は28日、ソウルで定例安保協議(SCM)を開いた。協議後、米国のマティス国防長官は共同記者会見で、米軍から韓国軍への有事作戦統制権移管について、「米国の立場は一貫している」として、「韓国を積極的に支援することを約束する」と述べた。

会見で握手を交わす宋氏(右)とマティス氏=28日、ソウル(聯合ニュース)

 また、北朝鮮問題と関連し、「米国や同盟国に対するいかなる攻撃も撃退される」として、「北朝鮮による核使用は大量的かつ効果的、圧倒的、軍事的な対応に直面する」と警告。「北朝鮮は決して誤解してはならない。北朝鮮は米韓同盟の敵手にならない」と強調した。

 その上で、「米国は核武装した北朝鮮を受け入れない」として、「こうした状況で最も有用な方法は外交的な解決策だが、外交努力が成功するためには信頼できる軍事的な能力があってから可能になる」と表明。「金正恩(キム・ジョンウン)体制は域内の安定を害し、平和を害している」とし、「こうした脅威は韓国に(解決が)急がれる問題として台頭しており、軍事的な選択肢を考慮できる。軍事的な選択肢は保有している」と述べた。

 朝鮮半島情勢に関しては、「今年初めに訪韓した際と比べ、北朝鮮の脅威がさらに高まった印象を受けた」との認識を示した。

 一方、韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は「米国の拡大抑止の実行力を向上させるため、米国の戦略資産(兵器)の巡回配備を拡大し、多様な抑止策について協力を強化していくことで一致した」と述べた。

 また、有事作戦統制権移管に関し、「条件と時期を考慮し、移管が早期に可能になるよう、来年のSCMまで移管計画を共同で発展させることにした」として、「現在の合同防衛態勢を一層強固に発展させる方向で移管を推進するという原則で合意した」と明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください