Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国の医療技術は米国の78%程度  日本より下・中国に迫られる

2017.11.02 20:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の医療技術のレベルが米国を100とした場合、77.5%の水準であるとの報告書が2日、韓国の民間シンクタンク・現代経済研究院から発表された。欧州連合(EU)は92.7%、日本は89.9%でいずれも韓国を上回り、中国は69.5%で韓国を下回ったものの、差は8ポイントと小さかった。

韓国の医療機器研究開発の現場(資料写真)=(聯合ニュース)

 人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ビッグデータなどに代表される第4次産業革命による影響が大きい部門では特に中国との差が小さかった。新薬部門では韓国は73.7%で69.6%の中国を4.1ポイント上回った。誘電体分野で韓国(77.0%)と中国(74.7%)の差はわずか2.3ポイントだった。 

 韓国は政府と企業による医療分野への研究開発(R&D)投資も活発ではないとの結果が出た。 

 経済協力開発機構(OECD)によると、韓国政府の医療関連のR&D予算(2015年)はR&D予算全体の8.4%に当たる17億8000万ドル(約2030億円)だった。R&D予算全体に占める医療R&D予算の割合は米国が24.1%、英国は23.4%だった。

 企業の医療R&D投資(2015年)も16億4000万ドルで、ドイツの4分の1、日本の10分の1、米国の40分の1だった。  

 同研究院は、医療産業を活性化するためにはまず政府と病院がR&D投資を増やし、強みがある分野を選択して集中的に支援しなければなければならないと提言した。また政府が、病院と企業が協力してR&D投資を増やすことができるよう誘導するほか、医療分野の有望なスタートアップ企業を探し、育成しなければならないと強調した。  

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください