Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

コミュニケーションアプリの使用時間 カカオトークがトップ=韓国

2017.11.21 19:59

【ソウル聯合ニュース】韓国でアンドロイド搭載のスマートフォン(スマホ)を利用している人を対象にコミュニケーションアプリの使用時間を調査した結果、「カカオトーク」の使用時間が全体の95%に達していることが分かった。アプリの分析を手掛けるワイズアップが21日、発表した。

 2位は「フェイスブックメッセンジャー」の2%、「微信(ウィーチャット)」、「LINE」、「テレグラム」がそれぞれ1%で後に続いた。

 カカオトークの使用時間の割合が最も高かったのは40代で、コミュニケーションアプリの使用時間のうちカカオトークの割合が97%だった。最も割合が低かったのは10代で、カカオトークの割合が90%、フェイスブックメッセンジャーが8%だった。

 調査はアンドロイド搭載のスマホ利用者2万3000人を対象に行われた。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください