Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

[平昌五輪]北芸術団乗せた万景峰号 海上の南北軍事境界線を通過

2018.02.06 11:42

【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪(9日開幕)に合わせて五輪開催地である韓国北東部の江原道・江陵とソウルで公演する北朝鮮の芸術団が6日午前、貨客船「万景峰92」で東海の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を通過し、韓国側海域に入った。

02年、釜山アジア大会の応援団を乗せて釜山の多大浦港に入港する万景峰92(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国統一部はこの日、「午前9時50分に万景峰92が北方限界線を通過した」とし、「きょう午後5時ごろ、予定通り墨湖港(江原道東海市)に到着する予定だ」と明らかにした。

 万景峰92は北方限界線を越えた後、韓国の護送艦に伴われ航行していると伝えられた。

 また統一部は「現在8ノット(時速15キロ)で移動中で、最大13ノットで移動する予定だ」とし、「公海上へ移動中で、波が高いため沿岸側を移動している」と説明した。

 芸術団は三池淵管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長率いる同管弦楽団の約140人からなる。墨湖港に停泊する万景峰92で宿泊し、8日に江陵アートセンターで公演を行う。

 北朝鮮芸術団は江陵公演が終わった後、11日にソウル国立劇場で行われる公演のためソウル・ウォーカーヒルホテルに宿泊場所を移すが、この際に万景峰号は北朝鮮に戻ると予想される。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください