Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

[平昌五輪]IOC会長 南北合同チームに期待=「良い知らせを」

2018.02.06 15:12

【平昌聯合ニュース】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は6日、平昌冬季五輪に合わせて開かれたIOC総会で、「平昌五輪の開会式に集中したい」として、「朝鮮半島の緊張緩和を目標とした象徴的な合意によって南北選手が共に競争するため、良い知らせを期待する」と述べた。

IOC総会で発言するバッハ会長(中央)=6日、平昌(聯合ニュース)

 具体的には言及しなかったが、先月20日にスイス・ローザンヌのIOC本部で開かれた北朝鮮の平昌五輪参加を巡る会議で、アイスホッケー女子の南北合同チームの結成に合意したことを指すとみられる。南北合同チームが結成されるのは五輪史上初めて。

 バッハ会長は北朝鮮の参加が「平和の五輪」を実現し、南北合同チームが南北対話と交流の起爆剤になるとして合同チーム結成を強く後押ししてきた。

 総会にはバッハ会長を含む99人のIOC委員が出席した。7日まで開かれる。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください