Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

大統領任期は4年・連続2期まで 文在寅氏は適用外=改憲案

2018.03.22 14:20

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は22日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国会に発議する憲法改正案のうち、権力構造に関する内容を発表した。大統領の任期は4年で、1回に限り再任可能(連続2期まで)とする「連任制」を盛り込んだ。

改憲案を説明する青瓦台のチョ国民政首席秘書官(中央)ら=22日、ソウル(聯合ニュース)

 青瓦台のチョ国(チョ・グク)民政首席秘書官は会見で、「1987年の改憲時に任期5年、1期限りの制度を採択したのは、長年の軍事独裁の経験を踏まえたもの」とした上で、「われわれはろうそく革命(朴槿恵=パク・クネ=前大統領を退陣に追い込んだ市民による大規模集会)により新たな大韓民国を開いた。国民の民主の力は政治力のはるか先を行っており、責任政治を具現し、安定して国政を運営できる大統領4年連任制を採択する時となった」と説明した。

 国民憲法諮問委員会の世論調査結果では、現行の5年・1期制より、4年の連任制に同意する人の割合のほうが大幅に高かったという。

 チョ氏は「4年連任制に改憲しても、文大統領には適用されないという点を明確に、かつ断固として申し上げる」と強調。現行の憲法第128条にもそのように定められているとしながら、「これをさらに明確にするため、改憲案の付則に『改正憲法施行当時の大統領の任期は2022年5月9日までとし、重任することはできない』と明示した」と説明した。文大統領に4年連任制が適用されるかのように言うのは、明らかに誤った主張だと指摘した。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください