Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

ステルス戦闘機F35A 韓国1号機の引き渡し式=40機配備へ

2018.03.29 00:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の防衛事業庁は米航空防衛機器大手ロッキード・マーチンから購入した最新鋭ステルス戦闘機F35Aの引き渡し式が28日(現地時間)、米テキサス州の同社工場で行われたと明らかにした。

テスト飛行のため、離陸しているF35Aの1号機=(防衛事業庁提供=聯合ニュース)

 引き渡し式には韓国の徐柱錫(ソ・ジュソク)国防部次官、李成龍(イ・ソンヨン)空軍参謀次長(中将)をはじめ、韓米の国防・防衛、空軍関係者らが出席した。

 今回の1号機を含め、今年生産される6機のF35Aは韓国での円滑な運営のため、米アリゾナ州に派遣中の韓国軍操縦士と整備士の教育訓練に動員される。来年上半期から順次韓国に導入され、2021年までに計40機のF35Aが空軍基地に配備される。

 F35Aは敵のレーダーに捕捉されないステルス能力を備えており、北朝鮮に対する抑止力を大きく向上させる見通しだ。防衛事業庁は「戦争抑止に大きく寄与する」と強調した。

 F35Aは最高速度マッハ1.8、作戦半径1093キロで、空対空ミサイルや誘導爆弾(JDAM)、小直径爆弾(SDB)などを搭載。有事の際に北朝鮮の防空網を避けて内陸地域まで浸透し、核・ミサイルなど中核施設を精密に攻撃できる。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください