Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

南北首脳間ホットライン 7日の実務会談で協議の可能性=韓国当局

2018.04.04 13:55

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は4日の定例会見で、27日の南北首脳会談を準備するため7日に開かれる見通しの通信分野の実務会談に関し、「首脳間のホットライン(直通電話)問題なども話し合われるのでないかと思う」と述べた。通信の技術的な問題が取り上げられると予想した。

会見する白報道官=4日、ソウル(聯合ニュース)

 3月初めに文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団が訪朝した際、南北は首脳間のホットラインを設置し、首脳会談の前に最初の通話を実施することで合意している。

 一方、北朝鮮は前日に韓国側に通知文を送り、南北首脳会談の儀典や警護、報道対応などを話し合う南北実務会談を当初予定していた今月4日から5日に変更し、通信に関する実務会談は7日に開くよう提案した。

 儀典や警護、報道対応などに関する会談が1日延期されたことに関し、白氏は「北側は延期の理由を説明しなかったが、通信関連の実務会談も7日に予定されており、南北首脳会談を計画通り準備するという(北側の)立場には変わりがないとみられる」と答えた。実務会談は1日ずれただけで、延期や遅延といった見方は特にしていないとも述べた。

 統一部は実務会談の日程に関する北朝鮮の提案に、この日のうちに同意の回答を送る予定だ。

 また白氏は、平壌公演のため韓国芸術団が訪朝した際、北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長が歓送夕食会を主催したほか、韓国報道陣が公演会場への入場を制限されたことに謝罪するなど異例の対応を見せたことを「南北間の平和協力を願い、和解協力ムードが続くよう南北間で互いに努力するもの」と評価した。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください