Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

南北首脳間ホットライン設置を協議 板門店で実務会談開催

2018.04.07 18:05

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は7日、27日の南北首脳会談を準備するため通信分野の実務会談を南北軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開いた。

 韓国青瓦台(大統領府)の関係者は記者団に対し、実務会談について「通信を担当する実務者が出席した。議題や出席者のリストなどは機密事項であるため公開できない」と説明した。

 会談には韓国側から青瓦台と統一部の実務者3人が、北朝鮮側から通信関連業務の実務者3~4人が出席し、首脳間のホットライン(直通電話)の設置場所や運営方式、盗聴・傍受の防止などセキュリティー問題について集中的に協議を行ったもようだ。

 南北は来週中にもう一度実務会談を開き、ホットライン設置を最終決定する計画だ。

 3月初めに文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団が訪朝した際、南北は首脳間のホットラインを設置し、首脳会談の前に最初の通話を実施することで合意している。

 首脳会談前の通話実施については、18日ごろの開催が予想される南北閣僚級会談で議題として取り上げられる見通しだ。

hjc@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください