Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

韓国の麺料理を紹介 観光公社が日本人向けガイドブック製作

2018.05.08 12:40

【ソウル聯合ニュース】韓国観光公社大阪支社は8日、各地域を代表する麺料理の由来や特徴、有名店、関連観光地などを紹介する「韓国麺BOOK」を製作し、これを活用して韓国料理に関心の高い日本人向けの誘致マーケティングを展開すると明らかにした。

「韓国麺BOOK」の表紙(観光公社提供)=(聯合ニュース)

 この冊子は日本の主要旅行会社、空港などで配布される予定だ。

 観光公社は麺料理に関する情報を拡散するため、11日から大阪支社の会員制交流サイト(SNS)のアカウントを活用し、麺料理の特集ページを作って日本人が勧める韓国の麺料理コンテストや、ビビン冷麺対水冷麺の投票などさまざまなイベントを行う。

 また、4月には釜山のミルミョン(小麦粉の麺料理)やソウルの辛いチャンポン、カルグクス(うどんのような麺料理)を味わえる旅行商品も開発した。

 5月には大手オンライン旅行会社と共同でキャンペーンを企画し、韓国全土の麺料理を紹介する特集ページを制作。各地域の麺料理を体験できる旅行商品も販売する予定だ。

 韓国観光公社の李丙賛(イ・ビョンチャン)大阪支社長は「日本人が好む麺料理を活用したコンテンツを作り、実質的に訪韓を誘導できるよう商品化する訪韓キャンペーンを企画した」とし、「特に最近南北首脳会談の夕食会のメニューで話題になった『平壌冷麺』が日本のメディアを通じて注目されており、麺料理を活用した訪韓キャンペーンを日本人個人旅行客の訪韓促進につなげたい」と語った。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください