Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

サムスン生命公益財団の理事長 経営トップの李在鎔氏が続投 

2018.05.18 15:24

【ソウル聯合ニュース】韓国・サムスングループの経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長がサムスン生命公益財団の理事長(任期3年)を続投することになった。財界によると、同公益財団は18日の理事会で李氏の再任を議決した。

李在鎔氏=(聯合ニュースTV)

 李氏は2015年5月、病床にある父親の李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長から理事長職を受け継ぎ、グループの経営権継承の始まりを意味する象徴的な出来事と財界では受け止められた。再任によりグループ継承を改めて確認したと評価される。

 1982年に設立されたサムスン生命公益財団は資産規模だけで数兆ウォン(1兆ウォン=約1030億円)に達する韓国最大規模の公益財団で、病院や保育園の運営、高齢者福祉事業などを行っている。

 公益財団の理事長の地位を利用してグループ支配力を高めようとしているという一部の批判を考慮し、李在鎔氏が職を退くとの見方もあったが、理事会を中心に再任を決定したとされる。理事会はこの日、再任の決定理由について「李在鎔理事長は財団の設立趣旨を誰よりもよく理解しており、サムスンの経営哲学と社会貢献への思いを受け継ぎ、発展させる適任者と判断した」と説明したという。

tnak51@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください