Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

文大統領夫妻 在米大韓帝国公使館を訪問

2018.05.23 07:14

【ワシントン聯合ニュース】米ワシントンを訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領と金正淑(キム・ジョンスク)夫人は22日(日本時間23日)、博物館として生まれ変わった在米大韓帝国公使館を訪問した。

在米大韓帝国公使館を訪問した文大統領(右)=(聯合ニュース)

 在米大韓帝国公使館は1889年2月に設置された。朝鮮が初めて西欧諸国に設置した外交公館で、自主独立の精神で外交を行おうとする高宗(朝鮮王朝最後の王で大韓帝国初代皇帝)の意思を象徴したものと評価される。

 同公使館は1905年の「乙巳条約」(第2次日韓協約)により外交権が奪われたことで機能を停止。日本の植民地支配が始まった1910年に日本側が同公使館の入った建物を米国人に売却したが、2012年に韓国政府が買い戻した。復元工事を終え、1882年の5月22日に朝米修交通商条約が締結されたことを記念し、この日から一般公開される。

 文大統領夫妻は同地で公使館の初代公使の孫娘や、公使館書記官の曾孫などと会い、言葉を交わした。

 青瓦台(大統領府)は「文大統領の公使館訪問は今年が朝米修交通商条約締結136周年と韓米同盟65周年にあたることを記念し、両国の歴史と友情を鮮明にし、韓米同盟の堅固さを再確認したことに意味がある」と話した。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください