Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

核実験場取材で訪朝した韓国記者団 線量計など持ち込みできず

2018.05.23 20:22

【元山(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場廃棄の取材にあたる韓国記者団が23日午後、東部・元山に到着し、取材を開始した。

韓国記者団を出迎えた北朝鮮の案内担当者(写真共同取材団)=23日、元山(聯合ニュース)

 北朝鮮は韓国記者団の名簿の受け取りを拒否していたが、この日午前に名簿を受け取り、記者団の訪朝が実現した。韓国記者団は同日午後、政府輸送機で元山の葛麻飛行場に向けて出発。同2時48分ごろ、飛行場に到着した。南北分断後、初めて韓国の政府輸送機が北側に着陸した歴史的瞬間となった。

 韓国記者団が輸送機から降りると、空港関係者や案内担当者が出迎えてあいさつした。同空港内にほかの航空機はなかった。

 記者団はバスに乗り、約200メートル離れた空港の建物に移動。その後、厳重な手荷物検査を受けた。税関関係者は記者団のスーツケースなどに入っている物を全て取り出して確認し、放射線量を測る線量計を所持していないか注意深く確認した。その上で、線量計や衛星電話、無線マウスなどは持ち込むことができないとして、没収して預り証を発行し、出国時に引き取るように指示した。

 手荷物検査を終えると、朝鮮半島の統一問題に取り組む社団法人「民族和解協力汎国民協議会」の北朝鮮側関係者3人が記者団を待っていた。

 用意されたバスに乗り空港を出た記者団は午後4時50分ごろ、葛麻ホテルに到着した。前日に到着した米国、英国、ロシア、中国の記者団は韓国記者団に対し、取材を行った。

 韓国記者団はホテルに到着後、休む間もなく豊渓里に向かう列車に乗るため、元山駅に移動することになった。

yugiri@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください