Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

「日本に伝えたい思い」 ソウルで高校生スピーチ大会 

2018.06.23 18:51

【ソウル聯合ニュース】日本語を学ぶ高校生による「全国高校生日本語スピーチ大会」が23日、ソウルの日本大使館公報文化院で開かれた。

公報文化院で記念撮影を行う参加者と主催関係者ら=23日、ソウル(聯合ニュース)

 7回目を迎える今回の大会には韓国各地から予選を勝ち抜いた25人が参加。日本の他人に配慮する文化や「人生の道しるべ」になったという夏目漱石の小説、日本人友達との友情などをテーマに「日本に伝えたい思い」を流ちょうな日本語で語った。

 審査講評では「テーマが幅広く、参加者の表現力が上がっている」と評価された。

 大賞は「日本一の男、坂本龍馬」を発表した南大田高校3年の梁今模(ヤン・グンモ)さんが受賞した。梁さんは日本の時代劇やアニメに興味を持ち、中学生ごろから独学で日本語の勉強を始めたという。高校生になってから本格的に日本語の勉強を続け、高校卒業後は日本の大学に留学したいと抱負を語った。「日本の文化を一つ一つ理解していくことが楽しい」という。

 大賞受賞者は7月末、愛媛県八幡浜市で行われる世界の高校生によるスピーチ大会に進む。

大賞を受賞した梁今模さん(左)=23日、ソウル(聯合ニュース)

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください