Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

台風19号 24日午前7時ごろソウルに最も接近

2018.08.23 09:12

【ソウル聯合ニュース】台風19号が韓国に接近している。移動速度が予想より遅くなっており、ソウル付近を通過する時間は当初予想された24日午前4時ごろから同7時ごろにずれこむ見通しだ。朝の通勤・通学の足に影響する恐れがある。

台風19号の予想進路(気象庁提供)=(聯合ニュース)

 気象庁によると、台風19号は23日午前6時点で南部の済州島・西帰浦の西約90キロの海上を時速16キロで北へ進んでいる。朝鮮半島には24日午前0時を少し過ぎたころ、中西部の忠清南道・保寧に上陸し、同日午後、東側の東海に抜けると予想される。速度が遅く、朝鮮半島に10時間以上とどまるとみられる。

 台風が朝鮮半島を通過するのは、2012年9月以来、約6年ぶりとなる。

台風19号による高波に防波堤の補強工事用資材の一部が流された=23日、西帰浦(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください