Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

南北連絡事務所の開所 来週後半を軸に調整中=韓国当局

2018.09.07 12:52

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は7日の定例会見で、当初は8月の開所を目指していた南北共同連絡事務所について、「開所日程などに関し、南北間で協議中」としながら、来週後半の開所に向け調整が進むとの見通しを示した。

開城工業団地に開所予定の南北共同連絡事務所(イメージ)=(聯合ニュース)

 連絡事務所の設置は4月27日の南北首脳会談の主要な合意事項の一つで、北朝鮮南西部の開城工業団地内に設けられる。文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の首席特使として5日に日帰り訪朝した青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は6日、連絡事務所を18~20日の南北首脳会談開催前に開所することにしたと発表した。開所式は14日が有力視される。

 白氏は連絡事務所の構成や機能、管理、活動などに関する「構成・運営合意書」について、協議は終わっており、署名だけを残す状態と説明した。この合意書は連絡事務所の開所式で、南北閣僚級会談で代表を務めてきた韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官と北朝鮮の対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長が署名、交換するとされる。

 連絡事務所が開所すれば、南北の当局者が常駐し、24時間協議できる体制となる。南北間の意思疎通に新たな転機になると期待される。

 一方、白氏は9日の北朝鮮建国70年に関し、「北は盛大に祝うと年初から予告しており、われわれも関連動向を注視する」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください