Go to Contents
検索

おすすめ
記事一覧

台風25号が週末に韓国接近へ 済州・南部地方で被害の恐れ

2018.10.03 16:03

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁は3日、大型で非常に強い台風25号の北上に伴い、今週末は済州や南部地方を中心に全国的に台風の影響を受けるとの見通しを示した。

台風25号の予想進路(韓国気象庁提供)=(聯合ニュース)

 特に、済州と南部地方では台風による被害が予想されており、十分な備えが必要だ。

 先月29日にグアム付近で発生した台風25号は、3日午前9時現在、沖縄の南南東710キロの海上を時速18キロで北西に進んでいる。中心気圧は930ヘクトパスカル、最大風速は秒速50メートル。

 6日午前9時ごろに済州島・西帰浦の南西190キロの海上を通過し、南海岸を経て7日午前9時ごろ独島の東北東120キロの海上に接近する見通しだ。

 済州島の沖合は5日午前、内陸部は5日夜から暴風域に入るとみられ、南部地方を中心に台風の影響を最も大きく受けるのは6日と予想される。

 気象庁は、週末の6、7日には台風による雨雲の影響で全国のほとんどの地域で雨が降るとの予報を発表した。

ynhrm@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください