Go to Contents
検索

記事一覧

文大統領が帰国の途に ASEAN・APEC首脳会議出席

2018.11.18 14:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議やアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議などの外交日程を終え、パプアニューギニアから帰国の途に就いた。

ASEAN関連首脳会議やAPEC首脳会議に出席した文大統領(コラージュ)=(聯合ニュース)

 文大統領は13日に出国し、シンガポールで開かれた韓・ASEAN首脳会議やASEANプラス3(韓中日)首脳会議などに出席。貿易・投資を拡大し、韓国とASEANの共同繁栄を目指す考えを表明するなど、「新南方政策」の促進に注力した。また、来年に韓国で韓・ASEAN特別首脳会議や韓・メコン首脳会議を開催することで合意した。

 会議に合わせ、14日にロシアのプーチン大統領、15日に米国のペンス副大統領、17日に中国の習近平国家主席とそれぞれ会談した。オーストラリアのモリソン首相、パプアニューギニアのオニール首相とも会談を行った。安倍晋三首相との会談は行われなかった。

 パプアニューギニアで開かれたAPEC首脳会議では国家間の情報格差解消のための「デジタル革新基金」の創設を提案した。

kimchiboxs@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください