Go to Contents
検索

記事一覧

南北が2032年五輪共催意向 IOC委員「興味深い」

2018.11.22 10:26

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮が2032年の夏季五輪共催の意向を示したことについて、国際オリンピック委員会(IOC)のリンドベリ委員は「興味深いアイデア」と前向きに評価した。22日までに聯合ニュースのインタビューに応じた。同氏はIOC調整委員長として今年2月に韓国で開催された平昌冬季五輪に深くかかわり、韓国政府から21日に体育勲章「猛虎章」を受章するため来韓した。

リンドベリ氏(左)は21日、韓国文化体育観光部の都鍾煥(ト・ジョンファン)長官から体育勲章「猛虎章」を受章した(文化体育観光部提供)=(聯合ニュース)

 リンドベリ氏は、競技場を多数新設するよりも既存の施設をできるだけ活用しようとするIOCの中長期改革案「アジェンダ2020」を強調しながら、「南北共催の推進は全く問題がない」との見解を示した。

 韓国は1988年のソウル五輪、2018年の平昌五輪と、夏季と冬季それぞれの大会を成功させた経験がある。北朝鮮と五輪を共催したことはないが、韓国の経験やインフラを踏まえ共催推進に問題はないとの見方を示したといえる。

 同氏は、32年の五輪はまだ先のことで、南北関係も現在のまま良好という保証がないため言及するには時期尚早と前置きした上で、「五輪の南北共催はおもしろい構想」と述べた。ただ、夏季大会は冬季大会より競技数と出場選手数がはるかに多く、入念な準備が必要になるとした。

 32年大会の開催地は、慣例通りなら25年のIOC総会で決まる可能性が高い。だがリンドベリ氏は、招致の候補が多ければ早めに決定することもありえるとの見通しを示した。

平昌五輪開催地、江原道の崔文洵(チェ・ムンスン)知事(右)はリンドベリ氏に名誉江原道民証を授与した=21日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください