Go to Contents
検索

おすすめ #南北関係
記事一覧

南北関係発展基本計画を近く国会に報告 韓国政府

2018.11.27 16:47

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は27日、向こう5年間の対北朝鮮政策の方向性を示す第3次南北関係発展基本計画(2018~22年)と18年の施行計画を11月中に国会に報告する予定だと明らかにした。29日ごろの国会報告を検討中とされる。

政府は南北首脳会談の結果などを反映した第3次南北関係発展基本計画を近く国会に報告する(コラージュ)=(聯合ニュース)

 韓国の「南北関係発展に関する法律」は、統一部長官が南北関係の基本方向と朝鮮半島の平和促進、南北間の交流・協力などに関する事項を盛り込んだ基本計画を5年ごとに策定し、これに基づく年間単位の施行計画を講じると規定している。

 第3次基本計画には、文在寅(ムン・ジェイン)政権で大きく変わった朝鮮半島情勢を反映した南北関係の青写真が示されている。ある消息筋は「以前の計画とは確実に異なる枠組みと内容になるだろう」と話す。

 政府が南北関係発展基本計画を策定するのは、朴槿恵(パク・クネ)政権時代の13年に策定され17年まで適用された第2次基本計画以来、5年ぶり。第2次基本計画の期間が終了してから1年近くたってようやく新たな基本計画を設けることに、遅すぎるとの指摘もある。

 特に、第3次基本計画の1年目に当たる18年の施行計画は適用期間が年内いっぱいで1カ月ほどしか残っておらず、名ばかりのものになりそうだ。

 これに対し政府は、年初に基本計画を策定する方針だったが、今年3回行われた南北首脳会談と6月の朝米(米朝)首脳会談による状況変化を踏まえて修正・補完するため遅くなったと説明している。

 政府は9月初めに閣議での審議を経て第3次基本計画を確定させたが、その後に行われた北朝鮮・平壌での南北首脳会談の結果と南北間の軍事合意の内容を基に18年の施行計画を再び補完し、国会報告が先延ばしになったという。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください