Go to Contents
検索

おすすめ #光州 #地方自治体
記事一覧

韓国駐在の日本公務員 光州市を訪問=交流協力拡大へ

2018.12.20 19:26

【光州聯合ニュース】韓国に駐在中の日本の公務員による訪問団が20日、南部・光州市の主要施策や先進事例などを視察するため同地を訪れた。

光州市を訪れた日本の公務員ら(光州市提供)=(聯合ニュース)

 訪問団は、団長を務める日本自治体国際化協会(CLAIR)ソウル事務所の八木寿史所長と、各自治体の公務員ら17人で構成された。

 CLAIRソウル事務所は1993年10月に設立された日本の地方自治体の共同海外事務所で、各自治体から派遣された職員が国際交流支援などの活動を行っている。

 訪問団はこの日、光州市庁で同市の金光輝(キム・グァンヒ)企画調整室長と面会。光州市の文化・観光など主要政策について意見交換した。また、市内の市場や文化施設などを視察した。

 光州市は、これを機に日本と実質的な人的・物的交流協力を拡大し、2019年に光州で開催される世界水泳選手権の広報にも役立つことを期待している。

 金室長は「両国・都市が経済・文化・青少年などさまざまな分野で協力プログラムを発掘し、相互交流が活発に行われることを願う」とし、「特に来年の世界水泳選手権への(日本の)参加を期待する」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
文字サイズ

文字サイズの例

聯合ニュース日本語版では、イベントの 開催告知、取材案内、韓国関連企業 のプレスリリースなどの情報をお待ちして おります。お寄せいただいた情報は、 担当者が検討の上、ご紹介させてい ただきます。

提出

ご協力ありがとうございます。

スクラップ

シェア

リンクを取得するにはURLを長押ししてください